全体.jpeg

後藤  義国

益子焼き窯元にて修行後、益子町にて独立現在は芳賀郡茂木町で作陶されています。益子の土を使い、粉引きと鎬と呼ばれる技法が特徴です。土を感じるやわらかく温かな白色とうつわの側面を鉋などでけずった鎬模様はその幅により表情が変わります。